お久しぶりです。
YUKIです。 
 
最近仕事が忙しいのと
体調を崩したのが重なって
なかなか更新できずスイマセン。

今回は人工芝の敷き方
をご紹介します。

最近はほとんどどの
ホームセンターでも扱っていて
価格も似ていますが
品質に関していえば
カインズホームのものが
一番いいです。
一つ一つの芝がV字加工されていて
踏んだり、何かを長時間置いた後
でも芝が起き上がってくる
のでより本物の芝に近くなっています。

DSC01267

肝心の敷き方ですが
ほんとに簡単です。

ホームセンターなどで
敷き方によく載っている
U字やコの字のピンは使いません。

ほかの手作り作品に興味のある方は
こちらもどうぞ
↓↓↓↓↓↓
 
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ

にほんブログ村 トラコミュ DIYへ 
DIY
理由はピンを打ち込むと
そこが目立って人工ものっぽさが出ることと
歩いた時に足の感触がそこだけ違い
違和感を感じやすくなるからです。

実際にはリアル人工芝の
ベースとなっているゴムシートの
重量がしっかりしているため
ただ、敷いただけでも風で飛ばされる
ということはありません。

使うのはカッターナイフ、もしくは万能ばさみ
DSC01265

と25キロ(一袋)200円程度のモルタル用の
細目の砂だけです。
 
ほかの手作り作品に興味のある方は
こちらもどうぞ
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 トラコミュ *DIY*手作りナチュラルインテリア*へ 
*DIY*手作りナチュラルインテリア*

重要なポイントは芝目をどちら向きに敷くか。
必ずよく見る方向(見せたい方向)に
芝が寝るようにするということです。

1枚目のアプローチではやはり
道路側から見ることが多いので
玄関から道路に向かって芝が寝るような
向きでシートを敷いています。

庭では
DSC01266
部屋からの景観を重視したいので
部屋に向かって芝目を向けています。

並べて敷くときはできるだけぴったり
隙間がないように並べましょう。

そして並べ終わったら
シートの継ぎ目に砂を厚めに撒きます。

シートと土部分の境目がある場合は
特にしっかりと撒きましょう。

余った砂は人工芝の上に
まんべんなくばらまいて
最後にホウキで芝目に
逆らうように掃いていき
芝の根元のほうに
砂が入り込むようにすれば完成です。


下の写真にシートの継ぎ目があるのですが
これだけアップで見てもわかりにくいです。
DSC01268

ピンなどで留めてないので
DSC01269
手で簡単に持ち上がります(笑)
それでも風で動いたり
上を歩いてもずれたり
といったことは3年たっても一度もありません。

手を放せば上の写真と同じ状態に戻ります。

いかがでしたでしょうか。
これから雑草がたくさん
生えてくる季節ですし、
天然芝は伸び放題で
芝刈り機がないと
きれいな状態を保てないですが
リアル人工芝は敷いてしまえば
雑草の処理はほとんどしなくてよく
伸びることもないので
刈る手間もありません。

これからの時期に検討してみては??

それではまた~

ランキングに参加してます。
記事更新の励みになりますので
よろしければクリックのご協力お願いします。
2つポチしていただけると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ